一般的な勤怠管理と言えばやはりタイムカードだ。

どんな会社でも、出勤して真っ先に行うのがタイムカードへの刻印だろう。学校で言えば、先生から出席確認が取られるようなモノだ。最近では、個人にICカードを配布たり指紋認証などを施すことで、出退勤だけで無く、出張などの管理なども自動で行えるシステムができあがっている。また年次休暇の消化具合なども管理できるため、残業代などの管理と共にそのあたりの計算も自動に行えるようになっている。それらのデーターをインターネットでやりとりすることにより、支店勤務の社員一人一人の勤務に関するデーターが本社一カ所で管理できる時代になってきた。労働者の労働量力を買うのが企業の役割であるだけに、労働者一人一人の勤怠状況を把握することは、企業側にとっては大きな命題である。

もちろん、社内にいてるだけというのと、社内でどれだけ働いているかと言うことは上司が注意深く観察する必要はあるモノの、出退勤の状況や早退、直行直帰などの状況は厳しく管理しておく必要があるだろう。管理者がいないとというか、管理がきっちりと行われていないと、得てして人間はサボってしまうことになりかねない。また、同じ時間だけ働けば問題ないのかと、人によって差が生じてしまうことにもなりかねない。もちろん、置かれている立場や責任の重大さなども考慮されるべきだが、とりあえず会社によって勤怠状況が把握されていると言うことはサラリーマンにとって大切だ。タイムカードで管理を行うと、それを集計するのが一仕事だが、指紋認証やICカードであれば、集計の手間が全くいらない。それだけ無駄やロスを大幅に防いでくれるというわけだ。

毎月行う必要がある給料計算だけに、タイムカードの集計を行う時間と人員の確保は非常に無駄で、会社にとって大きなロスになってしまう。業務の合理化とスピード人員配置の問題など、解消できることは非常に多い。また、不正使用の問題なども起こる可能性が大幅に減る。遅刻しそうになったとき、人にタイムカードを代わりに押してもらうというようなことも起こりえないのだ。それだけ管理する側が楽になると言うこと。社員管理が悪いと、当然のことも会社の信用や業績は落ちてしまう。それを簡単に防いでくれるのが指紋認証やICカードによる勤怠管理だと言えるだろう。きっちりとした勤怠管理が行われることで、企業だけで無く従業員にとってもメリットは大きい業務過多や過労の問題が解決されるからだ。一般的な勤怠管理から、ICカードや指紋認証の時代になっているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*